国内最大級のeスポーツ大会RAGE、総来場者数は3.5万人突破!

幕張メッセで6月17日、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE 2018 Summer」が行われた。大会賞金総額は2,000万円、全イベント会場の総来場者は過去最多となる3.5万人を突破と発表した。

f:id:odagiri1977:20180619000741j:plain


同イベントは、2015年末にスタートした年間を通じて複数ジャンルのゲーム大会を提供している次世代型eスポーツイベント。8回目を迎える今回は、Cygamesの本格スマホカードバトル「Shadowverse」、およびスクウェア・エニックスのリアルタイムカードバトル「SERVANT of THRONES」の2タイトルで全国大会の決勝を実施。同じeスポーツ大会としては、今ネットで話題のバーチャルYouTuber6人が初代王座をかけて戦った「RAGE バーチャルYouTuber GRAND PRIX〜2018 Summer〜」も注目を集めた。


ほかにも、海外のゲームイベント「E3 2018」にて任天堂が発表したNintendo Switch™向け新作「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」の国内最速プレイアブル体験会、バトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」初となるオフラインイベントなど、充実したブースが立ち並び、会場のあちこちで人だかりができていた。

 

イベント中には、AK-69とTAKUYA∞(UVERworld)によるミニライブを開催。RAGEの新公式テーマソングの「ONE LIFE feat. UVERworld」を披露した。


注目を集めていたのが、大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのプレイアブル体験会。1999年の1作目から続く人気シリーズの最新5作目ということもあって前評判も非常に高く、国内外から集まったファンで開場前にすでに1200人以上が並ぶほどの熱気だった。


ステージでは、OooDaさんとシンイチロォさんを実況に、裏切りマンキーコングの西澤さん・風次さんをゲストコメンテーターに迎えて、勝ち抜きバトルの決勝を伝えるとともに、エキシビションマッチの「大乱闘チャレンジバトル!」も実施。

 

チャレンジバトルは会場から選ばれた観客が、あばだんご選手、KEN選手、古森霧選手の有名プレイヤー3名に挑戦できるというもの。どのキャラクターがどんな技を見せるのか、各ステージではどう戦えばいいのか。最新情報をいち早く自分の目で見ようと、通路まで達するほどの観客が集まってステージやモニターを見守っていた。