デジタルハリウッド大学、e-sports特待生枠を設置 合格者は最大で授業料4年間全額免除へ

デジタルハリウッド大学は今年4月、公式e-sports部を創部した。

f:id:odagiri1977:20180608104818j:plain

日本人トッププロプレイヤー、マイキー選手をアドバイザー兼顧問に迎え、世界で戦うトッププレイヤーを輩出するここを目的に創部。

今後、より優秀なe-sportsプレイヤーを援助し、e-sports業界の発展に貢献するべく、同大学の特待生入学試験に「e-sports特化型」を設置する。

本入試区分で特待生として合格すると、授業料が最大で4年間全額免除となる。設置にあたり6月17日、デジタルハリウッド大学・初夏のオープンキャンパスに、顧問のマイキー選手が特別ゲストとして登壇。マイキー選手の活動内容や、デジタルハリウッド公式e-sports部の今後について説明する。

■デジタルハリウッド大学 特待生入学試験 [e-sports特化型]

【出願資格】
◎次の1、2の条件を満たす者

1.大学入学資格を満たす者

2.e-sports(FIFAシリーズ/ウイニングイレブンシリーズ)において国内外でこれまで積極的な活動を行い、優秀な成績を納め、その事実を証明する書類/またはデータを提出できる者。
また、大学在学中デジタルハリウッド大学公式部「DHU e-sports部」に所属し、当該スポーツ活動を継続する意思がある者。

【特待生制度】
本入試合格者の中から、特にすぐれた者を特待生として選抜。成績に応じて本学の授業料を以下のとおり免除。

1種:授業料全額(98万円)最大4年間免除
2種:授業料半額(49万円)最大4年間免除
3種:授業料25%(24.5万円)最大4年間免除
4種:授業料25%(24.5万円)初年度のみ免除