ロジクール、eスポーツ向けメカニカルキーボード「G512」 リニアもラインナップ

ロジクールは5月24日、ゲーミングブランド「ロジクールG」からeスポーツ向けフラッグシップキーボード「G512」を発売する。

 

f:id:odagiri1977:20180524232437p:plain

■eスポーツ向けフラッグシップキーボード「G512」

ロジクールはこれまでもゲーミングキーボードを発表してきたが、「G512」はその中でもフラグシップと位置付ける。同社のゲーミングキーボードはキー一つ一つにスイッチやバネを有し、打鍵感にこだわったメカニカルキーボードを提供。「G512」では7000万回の耐久テストをクリアしたスイッチであるRomer-G™※を採用する。

※ Romer-G 独自のRomer-G™メカニカルキーが、1.5mmの距離でセンサーに信号を送り、最大25%の高速キー入力を実現します。また押下圧45.0gにより、長時間のゲーミングによる疲労を最小限に抑えます。

今回、初めてRomer-Gの「リニア」も用意する。「リニア」はこれまでの「タクタイル」という打鍵感がはっきりしたものと比べて、より滑らかでスムーズな打鍵感で、ゲームプレイヤーが両バージョンからより好みに合わせたキーを選ぶことができる。

キーボード本体には、航空機体にも使用されるアルミ‐マグネシウム合金をトップケースに採用。プラスチック製と比べて高い耐久性を持ち、eスポーツの激しいプレイにも対応できるという。

RGBバックライト対応ゲーミングキーボードと同様、個々のキーにバックライトを搭載。「LIGHTSYNC™に対応し、ロジクールゲームソフトウェアを組合せて、配色および発光パターンをカスタマイズすることでゲーム内アクションと連動した光の演出を楽しむことができる。

参考価格 15,880円(税抜)